topics 歴代の表彰 (2016年度まで)
17.01.31 卓球部 南部支部新人大会 
       男子団体 3位
       男子ダブルス優勝
16.12.18  卓球部 埼玉県Jr卓球選手権大会
       男子シングルスベスト16 (6県交流代表に選出)

16.09.20  卓球部 南部支部大会
       男子団体 4位
       男子シングルス5位 (茨城交流代表に選出)
16.05.05 卓球部 関東大会埼玉県予選 
       男子団体 ベスト16
16.04.26  卓球部 南部支部大会
       男子団体 準優勝
16.02.04
  平成27年度2級土木施工管理技術検定(学科試験)種別:土木
       (15.10.25 国家試験(国土交通省 全国建設研修センター実施)
       合格 28名(過去最高) 
16.01.25  卓球部 南部支部新人大会 
       男子団体 3位
       男子ダブルス 3位  

15.09.23  卓球部 南部支部大会 
       男子団体 3位
15.09.05 高校生ものつくりコンテスト(測量部門)関東大会
       準優勝 環境建設科 課題研究測量班
            村崎 岡田 矢竹 松本 関根 藤村 中村 出澤
15.06.17 卓球部 インターハイ埼玉県予選会
       男子団体ベスト8
15.04.26 卓球部 関東大会2次予選南部支部予選会
       男子団体準優勝
13.05.01 卓球部 関東大会2次予選南部支部予選会
       男子団体準優勝 ダブルス 第3位
13.02.08 平成24年度後期 経済産業省後援 全国工業高等学校長協会
       ジュニアマイスター表彰
       ゴールド  山田和彦
       シルバー 伊藤雄哉 井上亮摩 薄井順也 齋藤正篤 都築正至 戸塚惇
       
13.02.07 平成24年度2級土木施工管理技術検定(学科試験)種別:土木
       (12.10.28 国家試験(国土交通省 全国建設研修センター実施)
       合格 山田和彦 伊藤雄哉 井上亮摩 薄井順也 齋藤正篤
           都築正至 戸塚惇 
13.01.23 卓球部 埼玉県高校卓球新人大会 南部支部予選会
            男子団体 準優勝
13.01.07 卓球部 埼玉県ジュニア卓球選手権大会 ダブルスの部
            松川侑司・佐々木丈組 第3位
12.11.25 卓球部 埼玉県ジュニア卓球選手権大会 学校対抗の部 男子団体第8位
12.09.18 卓球部 南部支部大会(男子団体) 準優勝
12.05.05 関東大会2次埼玉県予選会
       男子団体ベスト8 卓球部
12.04.27 関東大会2次予選南部支部予選会
       男子団体準優勝 卓球部
お知らせ

3月15日(水)、家庭科クラブ同好会と茶道部が一緒に活動しました。家庭科クラブ同好会の生徒が、茶道部の生徒に和菓子作りを指南しました。作成した和菓子は1年生が春をイメージした桜の練りきりで、2年生がクルミ饅頭です。その後、作ったお菓子を活かして茶道部の生徒が家庭科クラブ同好会の生徒へお点前を指導してもらいました。環境デザイン科の生徒と先生が制作した、お茶室『いずみ庵』での一服は格別でした。日本文化を通して食や作法について学ぶ良い機会になり、普段話しをしたことのない人とも共同の作業を通して得意な分野を教え合い、また新たな発見をしたようです。そして多くの生徒から「またしたい!」という声がありました。

    
お知らせ

本校農業クラブの2学年二瓶優希乃さんと井野輝太君が、「大地の力コンペ2017」に応募して、食育・農業の活性化につながる様々な取組とアイデアであるとして「パネル賞」を受賞しました。この「大地の力コンペ」は、「アグリ+アイデア」を表彰するとともに、未来に向かって大きくはばたくお手伝いをすることを目的としている大会で、今回(第1回)のテーマは「農業+食と健康」です。二瓶さん、井野君は、「食を通した健康の維持・増進」の分野で、「①新たなグリーンガーデンとしてムクナ(八升)豆の苗を販売する。②ムクナ豆の種子を販売する。」というアイデアを応募しました。ムクナ豆は日本に自生する在来種で、広葉の雑草の育成を阻害する働きがあるそうです。また、その子実は、生では食用できませんが、L-ドーパミンを含み、パーキンソン病やうつ病、認知症などにゆったりと効果を示すといわれているそうです。2人は、次世代型の、第3のグリーンガーデンとして販売するアイデアを考えて、応募しました。

お知らせ

科目「フラワーアレンジメント」でウェディングブーケを作成しました
2月17日、2学年選択科目フラワーアレンジメントの最後の授業で、ウェディングブーケの作成がおこなわれました。球状のスポンジに、うまく長さを揃えながら生花を差し込む作業が難しいようでしたが、それぞれに個性あふれるブーケが完成しました。
     


お知らせ

217日 校内の河津桜が咲きました

本校の敷地にある、河津桜が満開になりました。まだまだ寒い日が多いですが、中庭の「いずみん」も、陽の光を浴びて気持ちよさそうでした。
   

お知らせ

214日(火)課題研究発表会

214日、3年生が1年間取り組んだ研究成果を、1・2年生に対して発表する課題研究発表会がおこなわれました。各科代表による発表テーマは以下のとおりです。

   生物生産科     「メタセコイアによる害虫防除」

             「プレコの餌による生育の違い」

   生物サイエンス科 「外来草本撲滅への道」

   生物資源化学科   「とびだせ!いずみん酵母」

            「天然酵母の有用性についての研究」

   環境デザイン科  「造園技能検定(資格取得)」「現場実習」

「深谷花フェスタ(和風)」「国際バラとガーデニングショウ」

   環境サイエンス科 「ガラス(性質・特徴)の研究」

   環境建設科      「課題研究 鳶(とび)班」

   
お知らせ

28日(水)生物サイエンス科「プロフェッショナルに学ぶ」事業

28日、「プロフェッショナルに学ぶ」事業として、生物サイエンス科2学年の生徒を対象に、三協ラボサービス株式会社の実験動物技術師をお招きした授業が行われました。実験動物についての概要を学習し、実験動物(マウス・ラット)についての保定・雌雄判別・経口投与・解剖・臓器確認・観察などの実習を行いました。

 1年生は系列に、23年生は学科に分かれて専門的な内容を学んでいる本校生徒ですが、より専門的な学びの機会を得ることができました。

お知らせ

24日(土)本校OG岡本蓮(りん)さんがラジオに出演!!

 24日(土)、本校ギター部OG(平成22年度卒)の岡本蓮(りん)さんが、平家徹也さんのラジオ番組『ミュージックバード「ふるさとが聴こえる」』にゲスト出演しました。平家さんは文化祭や予餞会で舞台演出音響照明プロデュースをしていただいている方で、有名なミュージシャンでもあります。番組では、岡本さんと本校の話題で盛り上がりました。

岡本さんは、2011NSC大阪校の34期生で、ユニット「つぼみ」で活動中です。「つぼみ」は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する、歌、ダンス、お笑いもするアイドルグループです。大阪の難波、千日前付近を活動拠点としていますが、34日には、渋谷の無限大ホールにて、つぼみの単独ライブがおこなわれます(前売2,000円、当日2,300円)。今後のさらなるご活躍を期待しております。

岡本蓮HP http://search.yoshimoto.co.jp/artist_prf/details.html?id=5848

つぼみHP http://www.tsubomi.club/

お知らせ

本校OG鳥羽公香さんが活躍

 本校の生物サイエンス科OG(平成26年度卒)の鳥羽公香さん(テクノ・ホルティ園芸専門学校)が、昨年10月に開催された第54回技能五輪全国大会のフラワー装飾部門で、銀賞に入賞しました。この部門は、デザインスケッチを描き、決められた花材・資材を使い、花束・ブライダルブーケ・フラワーディスプレイを制作する競技です。金賞1人、銀賞3人、銅賞3人、敢闘賞8人が選出されましたが、鳥羽さんは全国レベルで優秀な技能を披露されたことになります。本校での経験を活かして、卒業生が活躍するのはとても喜ばしいことであり、在校生にとっても大変励みになります。今後のさらなるご活躍を期待しております。
  

お知らせ

127日(金)建設現場見学会

 127日、環境建設科2学年の生徒を対象に、建設現場見学会をおこないました。当初の計画では、皆野秩父バイパスの整備工事も見学する予定でしたが、移動の際に渋滞が発生したため、荒川河川敷(さいたま市)の築堤工事のみを見学しました。築堤工事では、ドローンを使った測量と、トータルステーションによる測量など、先進的な測量方法を実習しました。トータルステーションとは、角度と距離を一度で測れる機械で、機械が測点を自動で見つけてくれる追尾機能付きのものです。生徒も、実際の建設現場を見学して非常に勉強になったようです。

お知らせ

2月1日(水) 三ツ又沼ビオトープ現地研修

 2月1日、生物サイエンス科2学年の生徒を対象に、三ツ又沼ビオトープでの研修がおこなわれました。三ツ又沼は、荒川の河口から48km地点付近の開平橋上流の河川敷にあり、上尾市、川越市、川島町の境に位置する、荒川と入間川のかつての合流点付近の旧流路の一部です。この地域では、水生植物や湿地性の植物が豊かに茂り、様々な野鳥やトンボ類が暮らし、メダカやスミレ、ミクリ、エキサイゼリ、ハナムグラなど希少な植物も多く確認されています。上流河川事務所では、環境団体、地域住民、学識経験者、近隣自治体などと連携を図りながらパートナーシップによる保全管理を進めています。本校では、生物サイエンス科2年生必修科目『生態学基礎』の校外学習として、保全活動を行っています。この日は、桑の木を切って束ねる、葦(よし)を刈る、除去した外来植物をまとめて運ぶなどの作業を行いました。また、養蚕業では、品種改良された蚕を使用していますが、その蚕の原型となる「クワコ」の繭(まゆ)が桑の木にできている様子も見学しました。約5000年前に中国で野生に生息していたクワコに改良を重ね、家畜化されたのがカイコといわれています。カイコは中国の宮廷内において門外不出で飼育されていたそうです。三つ又沼ビオトープでは、クワの木に繭が枝にくっ付いていたり、ぶら下がっていたりしていました。冬になると野鳥が飛来する環境であり、野鳥に食べられてしまうため、観察した木には、見える範囲に数個の繭しか確認出来ませんでした。 

お知らせ

1月26日(木)実践的職業教育グローバル事業 国際セラピードッグ協会

1月26日、生物生産科の2・3学年を対象として、一般財団法人国際セラピードッグ協会の大木トオルさんらをお招きして、セラピードッグについての講義が行われました。まず、セラピードッグがどのような経緯で訓練を受け社会的に貢献していくか、具体的な実践例にもとづいて講義が行われました。多くのセラピードッグが殺処分を免れた犬であり、改めて命の大切さについて考えさせられるお話でした。また、高齢者や障害者が犬のおかげで笑顔を取り戻していくことを知り、犬の持つ社会貢献の力、人間にはできない能力があることに、生徒は感銘を受けていました。最後に、犬の訓練方法の実際を見学し、訓練技術を学びました。
 

お知らせ

1月24日(火)~26日(木)映画『よみがえりのレシピ』を視聴

1月下旬、2学年生物系と3学年生物生産科の生徒が、映画『よみがえりのレシピ』を視聴しました。この映画は、山形県内各地に伝わる在来作物の種を受け継ぎ、次代に伝えようとする人々の姿を追ったドキュメンタリーです。さまざまな理由から失われつつある在来作物を今も作り続ける生産者や、その可能性を探る研究者や料理人らの取り組みを通して、豊かな食文化の継承や地域社会のつながりなど、在来作物を守り、受け継いでいくことの意義を考えさせられます。日頃、栽培などの学習をしている生徒は、興味深く鑑賞しており、また食品製造などの学習をしている生徒も、食物について改めて考えなおす機会になったようです。

お知らせ

1月21日(土) 第5回学校説明会

 121日、第5回学校説明会を開催しました。全体会では、学校概要や募集要項の説明がおこなわれ、各学科の特徴や学習内容を展示したミニ学科展や、個別相談コーナーが設置されました。そして、いずみ庵(茶室)、南農場、ドーム温室、ビオトープ、実習棟のパソコン室、実験室、実習室などを見学するツアーも実施しました。多くの来場者のみなさまに、本校への理解を深めていただくことができました。

 なお、来月には2回、平日夜のミニ説明会として「ナイトキャンパス」を以下の日程で開催いたします。ホームページ等でお申し込みのうえ、ぜひご来場ください。

   第1回 2  3日(金) 18:0019:30 (受付17:3018:00

   第2回 210日(金) 18:0019:30 (受付17:3018:00) 
 

 

 

お知らせ

12月20日(火) 避難訓練

 12月20日、避難訓練が行われました。全学年がグラウンドに集合し、さいたま市中央消防署員からお話をしていただいた後、さらに、1学年は校舎から救助袋による避難体験、2学年は地震体験、3学年は煙体験を行いました。


  

お知らせ

11月30日(水) 強歩大会

 11月30日、西遊馬公園にて、強歩大会が行われました。男子は10km、女子は7kmのコースです。教職員だけではなく、保護者のみなさまも見守りボランティアとして生徒の頑張りを見守っていただきました。見事全員時間内に完走できました。

お知らせ

11月28日(月) 生徒会役員選挙 

 11月28日、次期生徒会役員の選挙が行われ、各候補者が意欲を語り、即日投票が行われました。これからの次期生徒会の活躍を期待しております。
 

お知らせ

少林寺拳法部

 11月26日、少林寺拳法部の新人大会が行われ、本校の田端稜子さんが女子規定単独演武で第1位、岡﨑明来くんと相馬遼平くんが男子規定組演武で第2位、坂巻七海さんが女子自由単独演武で第3位になりました。いずれも、12月24日(日)神奈川県で開催される関東選抜大会に出場します。また、田端さんは、来年3月に香川県で開催される全国選抜大会出場が決定しています。今後もますます頑張ってください。

お知らせ

11月26日(土) 第4回学校説明会

 11月26日、第4回学校説明会が行われました。中学生・保護者のみなさまが、各学科の展示やミニ体験をおこない、すべて体験すると、景品がもらえます。教員だけでなく生徒が参加者のみなさまに、学科の特徴や、体験活動の仕方をご紹介していました。各学科の内容は、以下のとおりです。

 「農業鑑定競技にチャレンジ!」(生物生産科)、「カード型顕微鏡を作ろう」「DNAを抽出してみよう」「科学捜査を体験してみよう」(生物サイエンス科)、「みかんの皮むき実験」「カメレオン焼きそば」「タンパク質の不思議」(生物資源化学科)、「ロープワークにチャレンジ」(環境デザイン科)、「バイオマスライス」「石鹸作りにチャレンジ」「液体窒素の不思議」(環境サイエンス科)、「建設機械の運転にチャレンジ!」(環境建設科)

        

お知らせ

11月22日(火) 1学年・3学年校外行事(遠足)

 11月22日、1学年は上野に、3学年は横浜に、遠足に行きました。3学年は横浜の中華街やみなとみらい地区だけではなく、八景島まで足を伸ばす班もありました。冬といえども日差しは温かく、絶好の遠足日和となりました。

お知らせ

11月18~20日 2学年修学旅行

 11月18日から20日まで、2学年は沖縄に修学旅行に行きました。第二次世界大戦で激しい地上戦があった戦跡を訪れ、平和学習、美ら海水族館で沖縄の海の生物についての学習、班別の体験学習を行いました。その他に、エイサー鑑賞や、首里城見学、国際通りでの班別行動など、充実した修学旅行となりました。

お知らせ

11月18日(金) 芸術鑑賞教室

11月18日、1・3学年を対象に、彩の国芸術劇場にて、東京サロンシンフォニーオーケストラによる芸術鑑賞教室が開かれました。ビゼーのオペラ「カルメン」や、ヨハン・シュトラウス2世の「美しき青きドナウ」や、チャイコフスキーの「白鳥の湖」、スタジオジブリの名曲「天空の城ラピュタ」などが演奏され、各楽器の紹介もしていただきました。生徒の楽器演奏・指揮者体験コーナーもあり、とてもいい学習の時間となりました。

お知らせ

1115日 小高交流授業

111512時間目、上小小学校6年生の児童が、本校の授業を体験しに来ました。昨年度は環境デザイン科の授業でしたが、今回は環境建設科の授業で、モルタル文鎮作りを体験しました。水を混ぜて型にはめて、とても楽しそうに学習していました。

     
お知らせ

1110日 本校教諭がはつらつ先生を受賞

本校環境サイエンス科の林信一実習教諭が、平成28年度の優秀な教職員として表彰を受けました。林実習教諭は、10年ほど前から資格取得を目指して「勉強会」の取り組みをおこなっています。本校では、林教諭のもと、学習習慣を身に付け、学力向上を目指す生徒が朝から勉強会に集っています。また、農業クラブ活動にも工業化学の専門性を活かした取り組みを行うなど、学科を超えて生物・環境系の高校である本校の特色を生かした取り組みを指導しています。

 

お知らせ

112日 本校教諭が読売教育賞を受賞

112日、読売新聞朝刊にて、第65回読売教育賞社会科教育部門最優秀賞を、本校地歴公民科の華井裕隆教諭が受賞したことが発表されました。前任校及び本校での主権者教育の実践が評価されての受賞です。選挙の争点となる政策を多様な視点で分析する「政策えらび授業」や、地域の問題の解決策を行政に提言する「政策づくり授業」、模擬選挙や模擬公開討論会などの実践が評価されての受賞です。

お知らせ

111日 いずみの秋

 本校のビオトープにある田んぼでは、生物部がお米「彩のかがやき」を無農薬で育てています。今年も10月末に稲刈りが終わり、秋の実りをピロティで自然乾燥させています。

 また一方で、冬に向けて、本校北側のヒマラヤ杉に「こも巻き」がおこなわれました。こも巻きをしてある部分が温かいので、そこに害虫が集まり駆除できるという仕組みです。環境デザイン科の授業でおこなわれました。

 
 

お知らせ

111日 食肉加工

3学年生物資源化学科の生徒が、111日・8日・10日に食肉加工の授業を受けました。食肉加工のプロフェッショナルの方を招いて、1日(火)には、豚半丸の解体、除骨、枝肉の整形、分割、漬け込みなどを、8日(火)には、ひき肉づくり、ソーセージのスモーク、ボイルなど、11日(金)には、ロース整形・結束、ハム・ベーコンのスモーク・ボイル、仕上げなどの実習を行いました。 

お知らせ

1031日 協調学習の研究授業

 東京大学と埼玉県教育委員会が連携して取り組んでいる、協調学習の実践がおこなわれました。生物資源化学科の谷貴美先生教諭が、2学年選択科目「微生物利用」の授業で、「味噌作りの過程で納豆菌が混ざってしまっても大丈夫?」というテーマで、地歴公民科の華井裕隆教諭が3学年必修科目「現代社会」の授業で「日本はアメリカのような低福祉低負担か、スウェーデンのような高福祉高負担か、どちらを目指すべき?」というテーマで授業を行い、多くの先生方が参観しました。

 
お知らせ

1029日 第3回学校説明会

7月、9月に続いて第3回の学校説明会が、1029日に開催され、多数の中学生・保護者のみなさまが来校されました。

 第2回に続き、今回も模擬授業を体験していただきました。「種子の発芽について-スプラウとを栽培してみよう-」「身近な水の水質を調べてみよう」「身近な食品の塩分濃度-あなたのおうちの味噌汁を分析-」「手作り茶室でお・も・て・な・し」「ハッピークリスマスキャンドル・石鹸つくり」「ハートキャッチレザーキーホルダー作り」「パソコンを使った『オリジナル名刺作り』にチャレンジ」「セメントを使った『モルタル文鎮』を作ろう!」の8講座が開催され、参加者は2つの講座を受講しました。

 次回の学校説明会は、1126日(土)、121日(土)になります。多くのご来場をお待ちしております。      

お知らせ

1027日 体育祭

 秋晴れの1027日、本校の体育祭「イズミンピック」がおこなわれました。この日に向けて、クラスの旗を作成し、競技の練習を重ねてきた生徒たち。騎馬戦や台風の目、綱引きや綱取り、クラス対抗リレーなど、熱気あふれる戦いが展開されました。今年度の優勝は、環境デザイン科です!!優勝した環境デザイン科は、掲示板が足りなくなる点数(1089点)をたたき出しました。保護者のみなさまにも多数ご来場いただき、応援していただきました。

   
お知らせ

930日 湧泉祭1日目(校内公開)

いよいよ待ちに待った文化祭が始まりました。開祭式では、吹奏楽部や少林寺拳法部、有志(和太鼓)による演奏や演武がおこなわれました。トラックガーデンの準備も完了しています。明日の一般公開でも、各クラス、部活、委員会などの出店・展示がたくさんあります。ぜひみなさんお越しください!

     


お知らせ

雨水でししおどし

夏休みが明けると、中庭南東部のスペースに、ししおどしが完成していました。これは、環境デザイン科などの生徒が、先生方の指導の下、瓦や竹、灯篭などを設置して作成したものです。このししおどしは、雨どいから流れる雨水を利用するしくみになっています。生徒からは「雨が降るとししおどしの音が聞こえてくる」「雨が楽しみになりました」との感想が聞こえてきます。101日(土)の湧泉祭(文化祭)や、学校説明会など、本校にご来校の折には、ぜひご覧ください。

   

 

お知らせ

924日 第2回学校説明会

72223日に続いて、第2回の学校説明会が行われました。今回は、約180名の中学生・保護者の方々に、学校概要説明、体験授業、部活動見学等を実施させていただきました。体験授業では、メダカの生態や樹木についての講義、、酵母ビーズ作成、パンの製造、ハロウィンキャンドル石鹸作成、グラフィックプログラミング体験、光る泥だんご作成など、各学科の特色を盛り込んだものがおこなわれました。本校に興味のある方は、ぜひ、第3回(1029日(土))、第4回(1126日(土))、第5回(121日(土))学校説明会にお越しください。
     

お知らせ

3PTA理事会

平成2893日(土)に行われました。

 

☆イズミンはっぴは、文化祭で保護者たちイベントで着用します。

お知らせ
第18回 湧泉祭開催

今年もいずみ高校の文化祭である「湧泉祭」を一般公開します。
多くの方々の来校をお待ちしております。
 
一般公開日 : 10月1日(土) 9:45~14:45




お知らせ
7月26日(火)、家庭科クラブ同好会では服部栄養専門学校の先生方を迎えて、マジパン講習を実施しました。マジパンとは、アーモンドの粉末と砂糖でつくる洋菓子で、装飾用として使用します。スペイン語のマサパン(砂糖菓子)が語源です。13名の生徒が初めての体験を楽しみながら、それぞれ個性的なマジパンのゾウをかわいらしく作り上げていました。ご指導いただきました専門学校の先生方ありがとうございました。これからもいろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。
お知らせ

第1回学校説明会を行いました。

 7月22日(金)、23日(土)、本校にて、第1回学校説明会を開催しました。今年も中学生・保護者のみなさまが多数来校してくださいました。今回の学校説明会では、各教室でビデオを交えて学校紹介を行い、広い校内を学科ごとに見学していただき、希望される方には部活動の体験もしていただきました。本校生徒もたくさん協力してくれました。本校の良さが少しでも多くの方に伝われば幸いです。


お知らせ

終業式が行われました。

7月20日(水)、終業式が行われました。まず、少林寺拳法部3年の片田萌水さんが8月にインターハイに出場するため、壮行会があり、続いて、校長先生の講話、最後に、少林寺拳法部と農業クラブの表彰がおこなわれました。生徒のみなさん、1学期お疲れさまでした。実り多い夏をお過ごしください。


  

お知らせ

彩の国進学フェアに出展しました。

 7月16日(土)、17日(日)、さいたまスーパーアリーナにて、「彩の国進学フェア」がおこなわれました。この進学フェアには、毎年、埼玉県内の公立・私立高校がブースを出展しており、多くの中学生が学校案内をもらったり、各校のブースで詳しく説明を聞いたりして進路決定の参考にします。今年も5万人以上が来場し、本校のブースにも、たくさんの中学生・保護者のみなさまがいらっしゃいました。
   

お知らせ
学校説明会のご案内

722

()

9:30

12:00

申込み不要

学校説明会・個別見学(学科ミニ体験)

723

()

9:30

12:00

申込み不要

学校説明会・個別見学(学科ミニ体験)

924

()

9:30

12:00

本校HP・FAX

915日(木)〆切

学校説明会・体験授業

1029

()

9:30

12:00

本校HP・FAX

1020日(木)〆切

学校説明会・体験授業

1126

()

9:30

12:00

申込み不要

学校説明会・個別見学

121

()

9:30

12:00

申込み不要

学校説明会・個別見学・ミニ学科展











第1回学校説明会を、
722日・23日におこないます。事前申込みは不要です。第2回以降の学校説明会については、後日ご案内いたします。

いずみ高校は、大宮駅から近いうえに、実習室、ビオトープ、農場、庭園など、施設に恵まれており、生徒も頑張っております。
一見の価値ありです。
本校に興味のある中学生・保護者のみなさま、ぜひご参加ください。


 

 

 

お知らせ

622日 授業で校内の寄せ植えを行いました

34時間目の3年生選択科目「造園技術」では、本校の正門から玄関に至る通路(グラウンド北側)を整備しました。樽のような大きい鉢に、寄せ植えを行いました。鉢は全部で5つ。本校にお越しの際には、ぜひそれぞれの鉢をご覧ください。

  
 
お知らせ

少林寺拳法部が関東大会で入賞!!

611日(土)・12日(日)に、少林寺拳法部3年生の片田萌水さんと黒瀧知佳さんが、深谷市でおこなわれた関東大会(第47回関東高等学校少林寺拳法大会)女子単独演武に出場しました。片田さんは4位に入賞。すでにインターハイ出場(728日(木)~731日(日)岡山県で開催)も決めています。全国大会でも、練習の成果をいかんなく発揮し、頑張ってください。

お知らせ

66日(月)~3者面談・教育実習

66日(月)から1週間、全学年で3者面談がおこなわれました。生徒にとっては、担任・保護者と、今までの自己を振り返り、今後の進路や生活の仕方について考えるよい機会となっています。また、同じく66日(月)からは教育実習生も迎え入れています。本校卒業生が、農業科の教員を目指して、一生懸命授業や学校行事に取り組んでいます。頑張ってください!!

お知らせ

62日(木) 3年生進路ガイダンス

3年生は、進路実現に向けて本格的に活動する時期に入っています。62日(木)には、3年生を対象に、外部講師をお招きして進路ガイダンスがおこなわれました。本校には、大学・短大・専門学校などへの進学希望者と、民間企業・公務員への就職希望者がいます。体育館や各教室に分かれて、担当の講師からお話を聞き、疑問を投げかけたりしていました。希望する進路実現をできるよう、教職員も全力で支援します。生徒諸君、頑張りましょう!!

 

お知らせ

61日(水)三ツ又沼ビオトープ現地研修

61日、生物サイエンス科2年生が、三ツ又沼ビオトープに現地研修に行きました。三ツ又沼は、3つの市と町(上尾市、川越市、川島町)のちょうど境に位置する、たくさんの生きものが住む場所です。荒川市民環境サポーターの皆さまにご指導をいただきながら、セイタカアワダチソウ、オオブタクサ、ネズミムギ、ホソムギなど外来植物の抜き取り作業や、トモエソウ、バアソブ、カワラナデシコなど野草の植え付け作業を行いながら、自然観察も行いました。
  
 

お知らせ

61日(水)衣替え

あたたかい春が終わり、いよいよ暑くなってきました。本校では、本日、一斉に衣替えです。朝礼では、校長先生から3つの話をしていただきました。最初は、ロケットが大好きな北海道の少年が成長して社長となり、従業員18名で、世界で初めての爆発しないロケットエンジンをつくり、人工衛星をつくり、世界で3つしかない無重力施設もつくり、今ではNASAJAXAからの見学者が訪れるまでになったになった話。社長の「どうせムリと思った時点で終わってしまう」という言葉は、挑戦し続けることの大切さを表しています。2つ目は、衣替えにあたり、「身だしなみ」という言葉は、自分ではなく、まわりから見た評価という意味が含まれているという話。3つ目は、選挙権が18歳以上に引き下げられるが、知識を身につけて、多様な立場を知って、自分の意見を持ち、合意形成できる力を身につけようという話でした。また、集会の最後には、「ふかや花フェスタ」「国際バラとガーデニングショウ」の入賞、少林寺拳法部(3年生片田萌水さん・黒瀧知佳さん)の県大会入賞・関東大会出場が、表彰・紹介されました。生徒のみなさん、夏服で装いも思いも新たに、日々頑張ってください!!
 

お知らせ

527日(金)「2016NEW環境展」見学

環境サイエンス科の生徒が、有明の東京ビックサイトにて「2016NEW環境展」を見学に行きました。廃棄物処理、リサイクル、土壌汚染、バイオマス、エコ製品、環境負荷低減、環境緑化対策など環境問題全般に関する展示を見学し、産業界における環境問題の現状を、展示会を通じて理解するためです。たくさんの展示があり、生徒は時間いっぱい見学して学習を深めていました。

お知らせ

523日(月)中間考査

523日から25日まで、1学期中間考査が実施されました。「農業と環境」「工業技術基礎」「栽培技術」「飼育技術」「応用農業科学」「農業経営」「食品製造」「微生物利用」「ガーデンデザイン」「環境造形基礎」「ソフトウェア技術」「ハードウェア技術」「土木施工」「環境建設実習」など、いずみ高校の考査には専門科の科目も多くあります。どの生徒も必死の形相で取り組んでいました。45月に学習した成果が、しっかり発揮されていることを祈ります。

お知らせ

ひまわりプロジェクトスタート

本校では、ひまわりを栽培して採れた種からバイオディーゼル燃料(BDF)を作っています。本年度も、4月27日に農業クラブと環境サイエンス科の課題研究班と一緒に、種まきを行い、5月6日には発芽しました。このプロジェクトでは、循環型社会の構築を目指して、校内でエネルギーを作り出しています。

本校では、他校にはない教育活動を行っています。ぜひ、見学に来てください。

 

お知らせ

少林寺拳法部がインターハイ出場決定!!

4月26日に開催された学校総合体育大会において、本校3年生の片田萌水さんが上位入賞を果たしました。これにより7月28日(木)から7月31日(日)まで岡山県で開催されるインターハイに初出場することになりました。また、同生徒と本校3年生の黒瀧知佳さんが6月11日(土)から12日(日)に埼玉県深谷市で開催される関東大会に出場が決定しています。練習の成果をいかんなく発揮し、大会でも頑張ってください。

お知らせ

517日(火)

本日、生徒総会がおこなわれました。議長団選出のあと、昨年度の生徒会本部活動報告と、生徒会決算が報告され承認されました。続いて、今年度の生徒会活動計画と生徒会予算が承認されました。その後、委員会と部活動から活動報告及び活動計画が承認されました。総会は、すべての議案が承認され、無事に終了しました。壇上の生徒会役員・委員長・部長をはじめ、みな真剣に総会に参加していました。

お知らせ

513日(金)〜18日(水) 国際バラとガーデニングショー

513日(金)〜18日(水)、所沢市の西武プリンスドームにて、「第18回国際バラとガーデニングショー」が行われます。昨年のメインテーマは「Delicious Garden(デリシャスガーデン)」でしたが、今回のコンセプトは「Parisパリ」です。本校の環境デザイン科3年生も、ガーデニングコンテストに出展します。現在、先生方のご指導の下、生徒は毎日放課後も残って製作をしています。西武プリンスドームでは、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛したバラや、ファッションデザイナーのクリスチャン・ディオールが幼いころから晩年までを過ごした庭なども展示してあるそうです。みなさん、ぜひお越しください。

http://www.bara21.jp/summary/

http://www.bara21.jp/

お知らせ

42930日(金・土) ふかや花フェスタに出展

深谷城址公園にて行われた「第13回ふかや花フェスタ」に、環境デザイン科3年生が3つの作品を出展し、和風班の作品(「心気な空間」)が見事「奨励賞」を受賞しました。

深谷市は、チューリップやユリの切花に代表されるように、全国でも有数の「花の産地」だそうです。「ふかや花フェスタ」では、個人の庭を公開したり、ガーデニング教室が開かれたり、寄せ植えのコンテストが行われたりしました。本校生徒が出展したのは、「コンテナガーデン部門」で、自由な入れ物(鉢)に寄せ植えをして、植え込み技術、色合い、バランス等を競うものです。条件は、縦70cm×横70cm以内、高さは自由、一人で持ち運びができるもの、切り花以外で仕立てたものです。環境デザイン科で学んだ技術を活かして、みなさんの目を楽しませて、さらに表彰までしていただけたことはとても嬉しいですね。

http://www.city.fukaya.saitama.jp/fukayahanaweb/hanafesuta/1392773313297.html

お知らせ

415日(金) 離任式

 昨年度お世話になった先生方8名が、離任式にお越しになり、あいさつをしてくださいました。校長先生からご紹介があった後、生徒会長がお礼の言葉を伝えて、先生方に花束を贈呈しました。どの先生も、いずみ高校には非常に思い入れがあることや、いずみ高校は施設面でもカリキュラム面でも、大学並みの素晴らしい環境があること、そして、いずみ高校の生徒は物事にまじめに取り組み、人柄がいいことなどをお話ししてくださいました。式の最後には、いずみ高校の校歌を元気に歌い、拍手で先生方をお送りしました。先生方からいただいた熱い思いを胸に、本校生徒が頑張ってくれることを期待しています。

お知らせ

412日(火) 新入生歓迎会

入学して2日目には、体育館で新入生歓迎会が開催されました。少林寺拳法部による演武や生徒と顧問の真剣勝負、演劇愛好会による公演、野球部の実演などが行われました。また、生徒会が作成した、いずみ高校の1年をまとめたスライドショーも上映され、新入生が、いずみ高校での高校生活に期待に胸を膨らませる会となりました。

お知らせ
48日、平成28年度の着任式・始業式が行われました。厳粛な雰囲気の中、2年生、3年生が新学年への決意を新たにしていました。校長先生からは、アインシュタインの言葉を用いて人生の過ごし方、学校生活の在り方についてのお話がなされました。

やわらかな春の日差しのなか、午後には入学式が行われました。240人の新入生が入学を許可され、晴れていずみ高校の一員となりました。


第17回 湧泉祭案内
第17回 湧泉祭開催

今年もいずみ高校の文化祭である「湧泉祭」を一般公開します。
多くの方々の来校をお待ちしております。
 
一般公開日 : 10月3日(土) 9:45~14:45
 
-今年の文化祭テーマ-
YDK
(湧泉祭、ダイナミックに、軌跡を残せ)
フォレスト合宿を実施

みどり再生に取り組む県立高校パワーアップ事業

平成27年度 フォレスト合宿実施報告

 いずみ高校では、埼玉県の「みどり再生に取り組む県立高校パワーアップ事業」の
一環で、平成27年度・フォレスト合宿を実施した。
 いずみ高校では、昨年度に埼玉県秩父市の三峰神社の敷地などに、カエデや
ブナの木を植林活動を実施している。今回の合宿では、有志生徒16名が、三峰神
社近くの旧大滝小学校三峰分校を宿舎として利用しながら、植林場所の下草刈りや
整備、シカの食害を防ぐために使用するシカ除けネットの修繕などを行った。

下草刈り
「カエデを植林した場所の下草刈りの様子」

間伐材の利用
「間伐材を利用してテーブルを作成」

シカに壊されたネット
「シカに壊されてしまった、シカよけネット」

自然環境サミット実施報告
第16回 自然環境サミットに参加!

今年も、いずみ高校の代表が自然環境サミットに参加しました。
自然環境サミットは、自然環境について学ぶ全国の高校生が年に1回あつまり、
自然環境についての体験活動をしたり、環境をテーマに発表を行うものです。
今年は、獨協中学・高等学校が主催校となり、東京に残された自然をテーマに
2泊3日で自然環境サミットを開催しました。

《 今回のサミットの主な内容 》

・獨協中学・高等学校のビオトープ見学及び、周辺の自然観察
・すみれば自然庭園での管理体験
・光が丘公園のバードサンクチュアリ(ビオトープ)の見学
・環境保護やビオトープの意義についての講演会

自然環境サミット看板
「第16回自然環境サミットの開催校は獨協高校でした」

自然観察①

自然観察②
「自然観察の様子」
平成27年度・フォレストツアー報告
平成27年度フォレストツアー 第1回報告
みどり再生に取り組む県立高校パワーアップ事業

 「 三峰神社敷地にブナを植樹 」

 平成27年6月27日、いずみ高校の有志生徒22名が参加し、環境保全活動の一環
として、三峰神社の裏表参道上部(標高約1000m)にブナの苗を植林しました。
 ブナは保水力の高い、落葉広葉樹であり、落ち葉は良質の腐葉土になりやすく、
多様な生物の住む森を育む木として知られています。参加した生徒達も、「今回植
樹したブナによって、様々な昆虫・動物がいる豊かな自然になること期待しています」
といって悪天候に負けずに植林活動に励んでいました。

植樹の様子
「循環型環境エネルギー」の「ひまわり」が順調に育っています
本校では、生物環境系総合高校の特色を生かし、学科の枠を超えて「循環型環境エネルギー」の取り組みを行っています。内容は、環境サイエンス科と農業クラブが協力をして、ひまわりを栽培し、できた種子から搾油を行い、バイオマス燃料を製作するものです。この取り組みでは、専門的な技術を学ぶために日本工業大学とも連携をして進めています。
種まきの様子(5月2日)


発芽した「ひまわり」(5月27日)
「こうのす花まつり」に出展しました。
本校の環境デザイン科では、5月17日~25日に鴻巣市せせらぎ公園で行われた「こうのす花まつり」に作品の出展とパネル展示を行いました。教員の指導のもと生徒が造った作品は、花の中で本校のキャラクター「イズミン」が寛ぐ若々しい作品でした。

「朝勉強会」
「朝勉強会」頑張っています。
 「朝勉強会」は、希望者が毎朝7時30分に登校して、資格取得の勉強や定期試験の勉強をするものです。今年も入学式の次の日から勉強会が始まっています。
 100名以上の生徒が毎朝、勉強に励んでいます。1学期は「危険物取扱者試験」に向けて勉強しています。