環境デザイン科キャッチコピー

匠の技! 修行中!!

樹木や草花・竹その他の自然材料の持つ特性を効果的に使い、快適な生活環境を創造する知識と技術を学びます。また、造園をとおして自己表現・感性を磨き、実習から仲間との協調性を身に付け、社会で活躍できる人材を育てる学習に取り組んでいます。

Menuの各項目をクリックしてご覧下さい。絵文字:笑顔
日誌

環境デザイン科ニュース

オリジナル平板づくり

 庭づくりのためのオリジナル平板づくりを紹介します。3年生の課題研究のうち、現場実習班では、どこの店にも売っていないコンクリート平板を制作しています。本日は、モルタルに色を入れる研究を行いました。色粉の量で見た目が随分と変化するため、様々な割合でサンプルづくりをしています。

0

四ツ目垣の制作(続き)

雨だったので、立子の切り出しを行いました。竹を切ることが、初めての体験となる生徒が多かったため、皆楽しそうに実習しています。竹を切るには専門の道具である『竹引き鋸』を使用します。真っすぐに切れるよう、皆で協力しながら作業しました。

0

樹木の実物鑑定

 本日は、1学期に学習した樹木のうち20種の実物鑑定を行いました。最初は「この木何の木?」であった樹木が、人の顔を覚えるように次第に分かるようになってきます。樹木を知ると、街歩きも楽しくなりますよ。

0

地域連携 デザイン案の製図

以前、紹介しましたが、環境デザイン科では(株)小島レッカー店舗前の緑化帯の花壇制作をおこなっています。今年度も小島会長の要望や条件を確認したあと、CADを使ってデザイン案を制作しました。これから、図面に従って、施工が始まります。完成がとても楽しみです。

0

サツマイモ苗の定植

1年生の農業と環境の授業では、サツマイモと落花生の栽培をおこないます。今年の品種は「紅はるか」です。べにはるかはしっとり、ねっとりとした食感と甘みが特徴です。生徒たちは、事前学習で学んだ植えつけ方を実践しています。

0

県庁花時計!!!!!!

 5月24日(金)に県庁花時計の植栽を行いました。デザインは、環境デザイン科3年生の専攻生たちが考えたもので、文字盤も自分たちの手作りです。作業の様子は、テレたまで紹介されました!興味のある人は、是非ご覧になってください。

0

四ツ目垣の制作①

 2年生の総合実習では、造園施工、室内園芸装飾、緑化管理について学びます。前回は、緑化管理の様子を紹介しましたが、今回は造園施工の紹介です。1回目の実習では、四ツ目垣(竹垣)の結束について行いました。一般に、四ツ目垣の施工では、「いぼ結び(男結びとも言います)」にて結束します。上手にできた生徒も、そうでなかった生徒も、これからたくさん練習して、お庭屋さんが驚くような腕前を目指してほしいです!!

0