新型コロナウイルス感染症に係る情報

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に関する情報(その24)

 政府は埼玉県を含む1都3県に対する緊急事態宣言を令和3年3月21日まで再延長することを決定しました。このことに係る学校運営は従前のとおりとなります。
 また、埼玉県教育委員会(以下「県教委」)から3月5日付けで「緊急事態宣言延長に伴う県立学校の部活動の取扱いについて(通知)」が発出され、緊急事態宣言下における部活動を再開(試行)することとしました。
 すでに顧問教諭を通じてお子様には伝えさせていただいてるところですが、上記通知に示された留意事項を厳守しながら、感染防止と部活動をはじめとする課外活動を両立させてまいります。保護者の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。 

1 基本的な考え方
 これまで、緊急事態宣言中の部活動を中止としてきましたが、新年度から円滑に部活動を実施するため、全校生徒へ適切な指導を行うことができる今の時期を捉え、衛生管理や感染対策の徹底等の条件を付して「試行的」に活動を再開します。
 なお、活動中の生徒の事故や感染防止については、特に対策を徹底して取り組むものとします。

2 具体的な進め方
(1)時期  3月8日(月)以降の緊急事態宣言中
(2)活動日数及び時間 

 

 

 

 

 

 


(3)活動条件
 【活動全般】
・ 活動中も含めて生徒の健康観察を徹底し、体調のすぐれない生徒については、活動を見合わせる。
・ 感染の不安を感じている生徒に参加を強要しない。
・ 活動について、管理職が責任を持って把握する。
・ 活動内容について、保護者や生徒に情報共有を行う。
・ 他校との練習試合や合同練習等は行わない。
・ 合宿は校内外ともに実施しない。
・ 大きな発声や身体接触を伴う等、感染リスクの高い活動は行わない。
・ 泊を伴う活動については、高等学校体育連盟・高等学校野球連盟・高等学校文化連盟及び各中央競技団体や連盟が主催する大会や発表会に参加する場合のみとする。
・ その他の指導内容等については、『県方針』及び『県立学校版新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインVer.5』を遵守すること。

 【活動前】
・ 体育館等、屋内を使用する場合は、扉や窓を全開にして換気を徹底する。
・ 一度に活動する人数を可能な限り少なくする。
・ 体育館等を使用する部活動では、入れ替えての活動は行わない。
  (例:バスケ部の活動後にバレー部が活動する)※生徒の待機時間を作らない。
・ 屋内施設で活動を行う場合は、原則1会場1競技(男女合同は可)とする。
・ 部室の使用は原則禁止とし、更衣及び用具の出し入れのみとする。(一度に入室する人数を制限する) 

 【活動中】
・ タオルの共用はさせない。
・ 用具の消毒等を徹底する。

 【活動後】
・ 活動終了後は寄り道せずに、速やかに帰宅することを徹底する。 

(4)大会への出場等
 関東大会及び全国大会並びにその予選会に出場する場合は、これまでどおりの取扱いとします。 

(5)その他
※R3.3.5教保体第1321号「緊急事態宣言延長に伴う県立学校の部活動の取扱いについて」

 

(関連通知)R03.3.04緊急事態宣言の今後とその後の学校運営について.pdf

0