環境建設科ニュース

環境建設科ニュース

3年環境建設実習「土質実験・コンクリート実験」

3年生の環境建設実習ではクラスを4分割し、1/4ずつが土質およびコンクリート実験を行い、2/4がコンピュータのWordなどの資格取得に取り組んでいます。

1回目の授業では、土質・コンクリートに注目します。

土質実験では「突き固めによる土の締め固め試験」(水分を含ませた土を突き固め、水分の度合の多少により土の締め固まり具合を測定する実験)を行いました。

コンクリート実験では「セメントの強さ試験」(フロー試験=モルタルの柔らかさの指標・供試体作成=モルタルの曲げおよび圧縮の強さを計るための下準備)を行いました。

 

土質実験の様子

 

 

コンクリート実験の様子

0

3年生課題研究「とび班」

 

環境建設科では課題研究という授業の中で、

①とび班→技能検定3級とび・鉄筋施工の取得を目指す班

②コンクリート班→コンクリートカヌー大会に出場する班

③測量班→測量コンテスト関東大会を目指す班

③土質班→校内各地の地質を調査・分析する班

⑤水質班→校外近隣河川の水質を調査・分析する班

の5班に別れています。

今回は①とび班に注目します。

とび班1回目の授業では、検定試験に向けて設置材および単艦パイプの準備を行いました。かなりの重量で数もありましたが、ある程度準備を終わらせることができました。

 

設置材が立つと新年度がいよいよ始まった気になります。

 

0

建設科2年生初めての実習系授業

 

いよいよ新年度が本格指導!

環境建設科の2年生初めての実習系授業では製図道具の確認やこれから使用するファイルの作成、実習系授業での注意点などを説明して終わりました。

新2年生からも緊張感が伝わってきます。これから2年間かけて、建設について学んでいきましょう!

0

国家技能検定3級 型枠施工 実技試験

2月10日(土)に国家技能検定3級型枠施工の実技試験が行われました。

国家技能検定では実技試験と学科試験があり、10日は実技試験日です。学科試験は1月21日(日)に済ませ、自己採点でも合格点に入っていたので、残るは実技試験合格のみです。

受験者は2年生の建設科の生徒5名が検定試験に挑みました。

当日はリラックスした様子で試験に臨む事ができ、制限時間内にも無事、課題を作り終える事ができました。

 

前日準備の様子

試験当日の様子 

オフショット

9月から釘打ちや鋸の練習を行い、全17回にわたって組立の練習を行いました。

 桟木の山が練習の多さを物語ります。

全員無事試験が終わって安堵したようでした。

合格を祈ります。

0

国家技能検定3級 左官14名合格!

 

令和5年度の前期試験で7月に国家技能検定3級左官を2年生の有志が14名受験し、無事全員合格しました!

そのうち5名は後期試験の3級型枠施工にも挑戦中です。型枠施工も全員合格できるよう頑張ります!

※写真の内1名は前期にとび3級を合格した者で、来年度2級に挑戦予定

※合格者1/14名は撮影の際欠席

0

国家技能検定3級とび 2名優秀賞!

 

令和5年度前期に行われた国家技能検定3級とびで、見事2名が優秀賞に選ばれ、表彰されました。

また、同時に令和4年度後期に行われた3級鉄筋施工でも1名(卒業前受験既卒業)が優秀賞に選出されました。

優秀賞に選出された3名おめでとうございます!

0

出張授業&現場見学

 

忙しさにかまけて、なかなか建設科のページを更新できておりませんでした。今回久々の更新になります。

環境建設科では、通常の授業のほかに大手企業様を迎えた出張授業や、実際の現場を見学する現場見学会などを行っております。

今回そのいくつかをご紹介します。

 

①10月18日(水)現場見学

日本コンクリート工業(株)様による首都高延長に伴う現場基礎打ち杭の見学

現場の様子

見学の様子

現場説明の様子

 

 

②12月8日(金)出張授業

第一測量設計(株)様および一般社団法人埼玉県測量設計業協会様による最新測量体験

ドローン測量の様子

3Dスキャン測量の様子

座談会の様子

 

③1月15日(月)現場見学

埼玉県建設業協会様主催

(株)島村工業様による大久保浄水場オゾン製造棟基礎杭工事の見学

事前説明

現場の様子

見学の様子

 

④2月8日(木)出張授業

埼玉県建設業協会様主催

富士教育センター様および向井建設(株)様による安全教育およびフルハーネス体験

事前説明

安全教育の様子

フルハーネス体験の様子

環境建設科では普段の授業のほかに進路を考えるキッカケづくりとして現場見学や出張で授業を毎年積極的に行なっております。

 

0

建設科の日常 1年工業技術基礎「セオドライトの据付・測角」

 

1年生の工業技術基礎で、現在「セオドライトの据付・測角」を行なっています。

測量には距離・角度・高さ(高低)の3要素が重要だと言われています。
セオドライはその中の「角度」を測る器械になっています。

1年生では、セオドライトの据付(測定するための準備)および、角度の測定をしています。
測量では、通常で使う度(°)をさらに細かくした、分(′)秒(")まで読み取ります。

分(')秒(")は1°=60'、さらに1'=60"そのため、1°を3600当分した値まで求め専門性を高めます。

 

セオドライト

 

据付の様子

 

測角の様子

 

講義の様子

 

0

「環境建設科」第5回学校説明会ご来場ありがとうございました!

 

環境建設科では、鉄筋組み立て実習を体験してもらいました。

建設構造物には鉄筋コンクリート造のものが多く、様々なものに使われています。橋や中学生の皆さんが通う学校の校舎、一軒家の駐車場など使用されている箇所は多岐にわたります。

課題研究で国家技能検定3級「鉄筋施工」の取得に挑戦している3年生が、中学生に手取り足取り指導し、全員で鉄筋を組み立てました。

ご来場くださった中学生・保護者の皆さまありがとうございました。

0