日誌

いずみ高校 日誌

ナイトキャンパス・イルミネーション

コロナ禍の中ですが、ナイトキャンパス(夜の説明会)に環境サイエンス科も参加させていただきました。

 

一年間頑張って作った再生可能エネルギー「B.D.F」を使って発電しています。

 

BDFとは、バイオ・ディーゼル・フューエルのことで、ひまわり油を化学反応させて軽油に作り替えたものです。

 

それでは、写真をご覧ください!

コロナ禍の中、未来への一歩ということで、「歩」の文字

医療従事者への感謝と敬意をこめて、ブルーライトを。

環境サイエンス科スタッフと、BDF作成にかかわったメンバー。

 

ちょっとだけ鬼〇っぽい?洒落をいれてみました。

球体は環境デザイン科の匠たちが作成した物。

この模様は環境サイエンス科youtubeチャンネル

「環サTV」

でご覧いただけます。

下のリンクをクリックしてください

❄環境サイエンス科イルミネーション❄

 

ホップ・ステップ・サイエンス

楽しくなければ化学じゃない!

 

入学希望、お待ちいたしております。

 

 

0

ふるさと絵本制作街歩き「大宮盆栽町周辺をぶらり」

明けましておめでとうございます。広報担当です。

 11月14日(土)に第2回となります街歩きに行ってきました。11月の段階であっても新型コロナの状況下となるため、感染予防対策をしっかりと取りながら行ってきました。前回から約1か月ぶりの街歩きです。今回は、土呂駅から盆栽美術館、盆栽町、漫画会館、大宮公園駅まで歩いていきました。
 盆栽美術館へは、私も含め生徒も初めて訪れました。さすが世界の盆栽美術館です。さまざまな盆栽が並んでいました。館内では、盆栽の種類から手入れ、楽しみ方(観賞)まで親切に教えていただきました。生徒たちも真剣なまなざしで盆栽を観賞していました。盆栽を大樹と捉えて木の下に小さな世界が広がっているとのことなので、下から見上げると面白いとのことでした。

 その時の様子です。

 また、美術館からは清香園さんをはじめとして有名な盆栽園をガイドの方の案内で見学させていただきました。その中でも共通していたのが「水やり」の重要性でした。毎日盆栽を身ながら長年の経験で水をあげる量やタイミングを決めているそうです。そんな盆栽の芸術性と職人のすごさ、歴史を感じることが出来ました。ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。情勢が落ち着いたらまた、訪れたいと思います。

 

0

ふるさと絵本製作「街歩き」vol.3

今回のふるさと絵本制作の内容は、伝えたいことが多く3回に分けて掲載させていただいています。

前の記事でさいたま市博物館からNACK5スタジアムへ移動しました。現地ではスタッフの方が出迎えてくださり、普段では入れないところへ案内していただきました。その中で驚いたことは、実況・解説のスタンド側には窓がありませんでした。シャッターが開くと開放的で目の前の臨場感が伝わりやすかったです。実況の方々に臨場感を感じてもらうための工夫とのことでした。

生徒たちも椅子に座らせていただきとても満足していました。
そのあと、観客席へ案内していただきました。地域密着型のアルディージャは芝にもこだわっていました。10月の末にも関わらずとてもきれいなグランドでした。
最後に大宮公園を周りました。懐かしい遊具が現役で稼働していて懐かしさを感じました。

公園内の桜はソメイヨシノがほとんどであることや、大宮公園がなぜこれだけの施設を有しているのかなど、さいたま市の歴史や文化などに触れることができとても有意義な時間を過ごすことができました。
今度は11月中旬を予定にさいたま市の違った歴史、文化などに触れて参ります。

0

ふるさと絵本制作「街歩き」vol.2

前回の日誌の続きとなります。さいたま新都心駅から、氷川神社の方面へ進んでいきました。参道の入り口である一の鳥居をくぐり,参道の歴史をアイマックスの今井さんから伺いました。

快晴の中での街歩きのためとても気持ちがよかったです。そして、二の鳥居のところで本日のメインの一つであるさいたま市博物館に着きました。11月15日までは中山道大宮宿のことを中心に開催しています。現地では、学芸員の井上さんからの説明を受けながら当時を振り返りました。

一時間ほどでしたがあっという間に終了してしまいました。
次は、NACK5スタジアムへ向かいます。続きをご覧ください。

0

荒川 ふるさと絵本制作vol.1〈再開〉

こんにちは、いずみ高校のHPを見てくれてありがとうございます。

今年2月まで進んでいた「ふるさと絵本制作」が新型コロナの影響で一時中断していましたが10月31日を皮切りに再開することになりました。今回は、前回(令和2年2月の記事に掲載)の続きとして各地区での「聞き書き会」で話題に上がった主だった施設を、街歩きしながら施設の方の解説付きで見学することになりました。
10月31日の第1回の街歩きは、さいたま新都心をスタートして氷川参道、さいたま市博物館、大宮アルディージャのホームスタジアム(NACK5スタジアム)、大宮公園と歩いていきました。

こちらは、さいたま新都心駅に隣接しているビル30階からの景色です。これを見ていると氷川参道が長くまっすぐ(日本一らしい)な参道なのかがわかります。参加した生徒はもちろん引率した私もとても感銘を受けました。ここがスタート地点となります。この続きは、氷川参道の散策を読んでください。

0

8月猛暑の中頑張っています!!

本日は8月最終日です。1・2時間目の工業技術基礎の時間に、今年度新設された5号棟を背景に、建設科2学年の生徒が足場の組み立て作業をしていました。多くの先生方が見守る中、細心の注意を払って組み立てていきます。連日猛暑が続きますが、実習棟でも、屋外でも、学科の先生方の指導のもと、体調に気をつけて技術と精神を磨いています。

今年度新築された5号棟を背景に頑張っています先生方の指導の下足場組み立ての研修中です

0

環境サイエンス科 夏季補習 ( 危険物取扱者試験 )

こんにちは、環境サイエンス科職員です。
環境サイエンス科では、毎年夏休み中に「危険物取扱者試験 乙種4類
という国家資格を2年生が受験しています。
今年は新型コロナウィルスの関係で、実施が9月27日(日)になってしまいましたが...

1学期中の放課後や夏休み期間を使って、先生方が一丸となって補習をしています。
本日も午前中の比較的涼しい時間帯を使って、2~3時間程度の補習を行いました。

8月3日(月)~5日(水)と、8月20日(木)~21日(金)の合計5日間の補習を予定しています。
がんばれ2年生!皆さんの合格を期待しています!!


環境サイエンス科職員

 

補習の様子1 補習の様子2

補習の様子3

0

【生物系】朝勉強会スタート!【環境系】

こんにちは、広報・広聴部です。今年も朝勉強会が始まりました!
今年は新型コロナウィルスの影響で、開始日が未定でしたが
6月22日(月)~ 環境系、23日(火)~ 生物系 の生徒向けに開始しました!
校長先生も見に来てくださいました。

当面の間、月・水曜日に環境系、火・木曜日に生物系の生徒を集めて
7:30~ 1号棟の総合講義室にて朝勉強会を行います。
皆さん、頑張りましょう!

 

【2020.06.22】環境系朝勉強会

環境系_朝勉強会1 環境系_朝勉強会2

【2020.06.23】生物系朝勉強会

生物系_朝勉強会1 生物系_朝勉強会2

0

1年生たちに見てほしい

 5月の学校再開が延期され、1年生のモチベーションも下がるのではないかと心配をしています。また、社会人でも俗にいう「5月病」ともいわれる時期なので、私達でもGW明はげんなりしてしまうこともあります。

 そんな中でも植物、動物はいつも通りの管理をしていきます。今日紹介するのは、先日取り上げたエダマメのその後の様子です。4月16日に播種したエダマメの続きをお知られします。

「農業と環境」の教科書にはダイズの栽培についての内容が入っています。エダマメとダイズの関係については下の画像を見てください。

 

 つまり、理屈の上ではダイズの種を播種するとエダマメができるということです。しかし、現在の栽培技術により「品種」によってダイズ専用の品種やエダマメ専用の品種栽培されているわけです。また、どの段階でダイズとエダマメの境になるか、大雑把にいうと青い(緑)時に収穫してゆでるなど、火を通して食べるのがエダマメ(野菜)、画像のように乾燥していて丸の状態で加工などしないと食べることが出来ないのがダイス(作物)となります。(きな粉や醤油などに使う場合ダイズ)
 いずみ高校の生物系の授業では、みんなにもっと知ってほしいことがあります。

0

農業クラブプロジェクト活動

農業クラブ役員のみんな元気でいますか?

 学校再開を心待ちにしているかと思います。この苦難を乗り越えて笑顔で会えることを切に願っています。
 また、1年生のみんなは「農業クラブとは?」と思っていると思います。昨年放映されたNHK朝の連続ドラマ「なつぞら」が記憶に新しいところだと思います。簡潔に言うと高等学校で農業を学ぶ生徒が対象の全国的な組織のことです。活動は、農業高校生としての知識を問う競技会や学校での活動を発表することなど様々な競技、大会があります。この中の一つに「プロジェクト活動」があります。今日はその一例をお知られします。

  
 【ミツバチたちの様子】 【ミツバチたちのご機嫌を伺っています】

 現在いずみ高校の屋上でミツバチを飼育(養蜂)しています。本来は農業クラブ役員の生徒がプロジェクト活動の一環で毎日世話をするところですが現在は、農業クラブの顧問で見ています。その中で蜜蝋が取れたので今後本格的にハチミツがとれるようになると思います。そのほかにも様々なプロジェクト活動を行っています。新型コロナのこともありとても大変ですがこの逆境を乗り越えて行きましょう。

【とれた蜜蝋と巣の様子】    【キャンドルにしてみました】

 

0