日誌

いずみ高校 日誌

農業クラブプロジェクト活動

農業クラブ役員のみんな元気でいますか?

 学校再開を心待ちにしているかと思います。この苦難を乗り越えて笑顔で会えることを切に願っています。
 また、1年生のみんなは「農業クラブとは?」と思っていると思います。昨年放映されたNHK朝の連続ドラマ「なつぞら」が記憶に新しいところだと思います。簡潔に言うと高等学校で農業を学ぶ生徒が対象の全国的な組織のことです。活動は、農業高校生としての知識を問う競技会や学校での活動を発表することなど様々な競技、大会があります。この中の一つに「プロジェクト活動」があります。今日はその一例をお知られします。

  
 【ミツバチたちの様子】 【ミツバチたちのご機嫌を伺っています】

 現在いずみ高校の屋上でミツバチを飼育(養蜂)しています。本来は農業クラブ役員の生徒がプロジェクト活動の一環で毎日世話をするところですが現在は、農業クラブの顧問で見ています。その中で蜜蝋が取れたので今後本格的にハチミツがとれるようになると思います。そのほかにも様々なプロジェクト活動を行っています。新型コロナのこともありとても大変ですがこの逆境を乗り越えて行きましょう。

【とれた蜜蝋と巣の様子】    【キャンドルにしてみました】

 

0

学校再開を願って

広報・広聴部から現在の学校の様子をお知らせします。

 本来この時期であれば各学科で様々な実験・実習が始まり賑わっているはずです。しかし臨時休業中の現在、学校は静まり返っています。それでも学校再開を願って5月7日に生徒と一緒に授業ができるように準備をしています。先週4月14日に生物生産科ではメロン栽培のための土詰めと定植を行いました。普段であれば授業の中で行うことですが、生徒がいないため職員で行いました。この時の、農業科4学科の職員が手伝ってくれました。感謝の気持ち共に、こういう時こそ助け合いなんだとつくづく実感しました。
 この他にも、エダマメの播種(種まき)や野菜の苗の定植、草花の播種など様々なことが出来ました。写真は、その時の一部を撮影したものです。苦しいときでありますが、本校も新型コロナに負けないよう頑張っています。そして、このような状態は他の専門高校でも同じだと思います。困難を乗り越えていきましょう。
 【メロンの土詰めの様子】    【エダマメの播種の様子】

 

0

【2020.3.11.】第56回卒業証書授与式

本日、第56回卒業証書授与式が行われました!
今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、放送による式の進行と各教室で卒業証書の授与を行いました。


PTA、後援会や旧職員の方から挨拶・祝電をいただきました。
懐かしい方からのメッセージもありました。3年生の皆さん、読みましたか?

 


3年生の皆さん、4月からは新天地で頑張ってください!
1・2年生の皆さんは、卒業する先輩方から得たことを活かして
今後も頑張っていきましょう!

0

ふるさと絵本作成交流会 in 大宮区役所

  ≪MAP作りに夢中です≫    ≪完成したMAP≫

 こんにちは、広報広聴部です。先日、ふるさと絵本作成交流会の総まとめを大宮区役所で行いました。これまで北区、見沼区での聞き書きに加え、西区での資料を基に大宮のMAP作成に取り掛かりました。白紙の模造紙に地図と地元に先輩方や大宮アルディージャの関係者も加わりとても大賑わいでした。そうこうしているうちに、段々MAPらしい形になってきました。実際、生徒たちはとても実に楽しそうに作っていたので私としても良かったと思います。そして、完成したMAPと以前にまとめたキーワードをMAP上で分類し、ようやく完成しました。
 しかし、これで終わりではなくこの後も、MAPを基にした散策や絵本の挿絵などにも参加予定となっています。完成が待ち遠しいです。生徒の皆さんもお疲れさまでした。

 

0

【2020.2.7】ナイトキャンパス ~夜の学校説明会~

title

2月7日(金)に本年度の最後の説明会、通称ナイトキャンパスの報告です。
志望校選びは一生のうちで非常に大事なことです。だからこそ、いずみ高校では力を入れて取り組んでいます。中学生の見学者は17名参加していただきました。

ナイトキャンパスに合わせて再生可能エネルギーを利用したイルミネーションも点灯させました。ひまわりの種を乾燥させ、エステル変換難しい言葉でゴメンナサイ)したエネルギーオイルです。環境サイエンス科農業クラブのコラボレーションで作りました。

来年は中学1・2年生のみなさんも見学に来てください。
志望校選びを明るくします。

 ちょっとアカデミックにサイエンスしませんか?

 

0

ふるさと絵本制作No2


   《見沼区の地図を見ながら談笑》   《聞き取ったことを発表している1年生》

 

こんにちは、広報・広聴部です。

 本日は、前回紹介した「ふるさと絵本制作交流会」の2回目の事を載せたいと思います。
 今度の開催場所は、前回のさいたま市北区役所から変わりまして、さいたま市見沼区役所にお邪魔させていただきました。今回も農業クラブと生物部の生徒、合計9名が参加しました。見沼区について貴重な実体験等をお聞きすることが出来ました。そして、最後に生徒が聞き取った内容を発表してくれました。今回も有意義な時間を過ごせたと思います。
 その中で私が印象的なだと思ったお話は、おでんの量り売りしていたことや、見沼田んぼで鷹狩が江戸時代にあったことなどでした。参加されていた地元の方々はとても丁寧に話していただきました。次回も楽しみです。

0

ふるさと絵本制作交流会へ参加

       <ふるさと絵本作成交流会の様子>


こんにちは、広報広聴部です。

 先日2月1日(土)にさいたま市北区役所において「ふるさと絵本」制作交流会に参加してきました。参加生徒は、本校の「農業クラブ」の生徒3名と「生物部」の生徒3名、計6名が参加しました。
 これは、環境省が行っている「森里川海(もりさとかわうみ)プロジェクト」の一環です。荒川でつなっがている地域の文化・歴史などを聞き書きし、世代をこえて楽しむための絵本制作のための資料作り及び交流を目的としています。
 当日は、12個のキーワードをもとに生徒が北区にゆかりのある方々に取材形式で聞き書きを行いました。私も参加させていただきましたが、様々な発見がありました。ネタバレになるので詳しくはここでは載せるのは控えさせていただきますが、氷川神社のおみくじに記載されていることに今まで何気なく読んでいて気づかなかった部分がありました。生徒も驚きと発見の連続のようでした。最後に班ごとに発表を行い有意義な時間を過ごせたみたいです。
 

0

【2020.1.28】小高交流【環境サイエンス科】

小高交流

環境サイエンス科は中学校だけでなく、小学校、大学とも交流をしています。今回1月28日、近所にある上小( かみこ )小学校5年生がいずみ高校へ来てくれました。

         「スライム時計をつくろう!」

小学校のみなさんは、楽しそうにおもしろ化学実験に取り組んでいました。
スライムの成分はガンの治療に役立つ物質であったり、水分の保湿で砂漠化を抑えるものです。

小学校からの環境教育は難しくはありません。あなたも楽しく環境を学びませんか?

画像

0

今年もやります「イオンとコラボ企画」

 こんにちは、広報・広聴部です。生物資源化学から皆さんにお知らせがあります。昨年もご好評でしたイオンとのコラボ商品が販売されます。日時は2月21日~2月23日、イオン与野店イベントブースでの生徒による販売ありそうです。スイーツと惣菜が販売とのことです。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

0