新型コロナウイルス感染症に係る情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報(その13)

❖緊急事態宣言の解除と学校再開について❖
5月中に準備登校を1日設定、6月1日から学校を段階的に再開します。
 ※新型コロナウイルスに関する今後の情報にご注意ください。

 報道等ですでに御案内のとおり、5月25日付けで国の緊急事態宣言が首都圏でも解除されました。また、それに先立ち、22日に開催された県の新型コロナウイルス対策本部会議では県立学校の学校再開が決定されました。同日付けで発出された県教育委員会(以下「県教委」)の通知では、徹底した感染防止策を講じた上で、6月1日以降、一定の条件下で授業再開をすることなどを求めております。また、再開にあたり、埼玉県及び県教委から「学校再開に向けたガイドライン」「彩の国 新しい学校生活 5つの安全宣言」が示されました。 
 つきましては、これらを受け、学校再開は段階的な再開となります。再開に際しては、新型コロナウイルスの感染防止対策に万全を期してまいりますので、御理解・御協力いただきますようお願い申し上げます。

 なお、この休業期間内に導入したGoogle Classroomの利活用につきましては、御家庭での多大なる御協力に感謝申し上げます。オンライン教育のプラットフォームとしてのGoogle Classroomは、国や県が推進している教育のICT化の一環として、今後も学校及び各家庭にて利活用していく予定です。特に、学校と生徒との個別・一斉連絡の手段として、今後も定期的にログインしていただきますよう引き継ぎの御協力をお願いいたします。

1 5月27日・28日の準備登校について

 円滑な学校の再開に向けて、学校再開のためのオリエンテーション、教科書配付等(第2・3学年のみ)のための登校日として、感染症対策に万全を講じた上で、実施します。

2 6月1日(月)からの1週間について(週1日)

 それぞれの学年で1日のみ授業(特別編成授業)を実施します。

3 6月8日(月)からの分散登校について(週3~5日授業)

  感染症対策を講じた上で、段階的に登校日数を増やしていきます。なお「3つの密」を避けるため、クラスを2つのグループに一時的に編制した上で、短縮40分授業を3コマずつ午前と午後にそれぞれ実施します。
 午前午後それぞれに完全下校時刻を設定しておりますが、進路指導等で放課後に個別の指導を行う場合もありますので、予め御了解ください。

4 分散登校中の学校生活について

(1)分散登校期間中の学校生活
ア 登校時
(健康観察及びマスク用意のお願い)
・登校前には必ず御家庭での検温・健康観察をお願いします。マスクの御用意についても引き続き御協力ください。なお、政府からお子様用にマスクが1枚支給されております。
・発熱、咳等の呼吸器症状や強い倦怠感がある場合は、学校に連絡の上、無理して登校させないようにしてください。新型コロナウイルス感染症が心配される場合は、県民サポートセンターに相談してください。(電話0570-783-770)
・お子様の登校について不安がある場合は、担任まで御相談ください。

イ 授業中
(感染防止策ついて)
・お子様にはマスク着用で授業に参加していただきます。教職員はマスク又はフェイスシールドをつけて授業を実施します。
・屋外で実施する体育や専門科目の実習等では、生徒も教職員もマスクを外したり、フェイスシールドを着けて実施する場合があります。
・身体的距離(1m以上)を確保するため、授業・実習等はクラスの半数規模(20名以下)で実施します。
・こまめな換気(可能な限り2方向の窓を開放)を行います。
・共用の教材、情報機器等は適切に消毒し、使用前後には手指消毒を行います。
・感染リスクの高い学習活動(音楽の歌唱、管楽器の演奏、家庭科の調理実習、体育の身体接触を伴う運動)は実施せず、単元の内容等を一部変更して実施します。

ウ 保健室の利用について
(感染症トリアージ※について)
・学校には感染症専門の医療スタッフは常駐しておりません。そのため、保健室及び養護教諭等が感染症について対応することは出来かねます。
・授業中に発熱等が確認された場合、感染症トリアージをさせていただきます。その場合、なるべく公共交通機関を避けて帰宅することが防疫上求められることから、保護者の方に御連絡の上、帰宅の方法等について相談させていただきます。
・なお、保護者の方が来校されるまでの間、体調不良を申し出たお子様には別室にて待機していただくこととなりますので、予め御了解ください。
・これらについては、県衛生当局、保健所、学校医からの指導助言によるものです。

エ 課外活動
(部活動やその他の課外活動について)
・分散登校の期間中は、感染症防止の観点から、生徒会活動及び部活動は休止となります。活動再開に必要な打合せ等は、顧問教諭から個別に連絡させていただきます。

(2)オンライン教育の併用について
・段階的な分散登校では授業時間の不足は否めません。そのため、5月以降お取り組みいただいている「Google Classroom」によるオンライン教育を併用させていただきます。学校で課された課題をオンライン上で提出するなどを予定しております。
・オンラインでのやり取りができない場合は担任にお申し出ください。紙ベースでやり取りをするなど、引き続き、柔軟な対応をしてまいります。


※ トリアージ(triage)とは、医療資源(医療スタッフや医薬品等)が制約される中で、一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めること。

(5/25 18:30更新)

 

【保護者宛て通知】
  ・R02.5.27保護者向け通知「学校の再開及び今後の学校運営について」.pdf
  ・R02.5.22保護者向け通知「学校再開に係る保健管理の徹底について.pdf

【埼玉県教育委員会からの通知】

  ・R02.5.22教高指第335号「県立学校の再開について」.pdf
  ・R02.5.22教保体第250-1号「学校再開に向けた感染防止対策について」.pdf
 →  5つの安心宣言(別紙1) .pdf
 →  場面ごとの対策(別紙2:中・高).pdf
  ・R02.5.22教高指第344号「「県立学校版 学校再開に向けたガイドライン」等の送付について」.pdf
 →  学校再開に向けたガイドライン.pdf