校長室から

いずみ高初の「土曜考査日」の様子から

 新型コロナウイルスの影響によって失われた学習を取り戻す、いわゆる「学習保障」が求められている中、いずみ高校では、学校再開後の授業時間確保の一環として「土曜考査日」を設定することとしました。週末にかかる日程となっている第1学期期末考査、第2学期期末考査、学年末考査(1・2年)について、土曜日にも考査を実施するというものです。
 これまでも、進学校を中心に「土曜公開授業」として取り組まれている例はありますが、本校では初の試みとなります。生徒たちにとっては、土曜日にテストを受けなければならないということで、なかなか辛いところもあるかもしれませんが、前例のない長い臨時休業明けの学習保障として思い切った発想で対応する必要がありました。
 考査前の生徒たちの様子をみていると、いつもよりテスト範囲が広くなり、また、この1回の考査で成績が決まるとの緊張感からか、放課後に教室に残って勉強している姿をあちらこちらで観ることができました。

 流した汗は嘘をつきません。努力は決して裏切りません。これまでの成果をしっかり出すべく、コンディションを整え、頑張ってほしいと思います。

 頑張れ! いずみ高生!!

   

 

お願い
 広報と広聴活動に力を入れている本校では、ホームページを通じた皆様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えています。お手数ですが、この記事を見て「いずみ高校の学びがわかった!」と思った方は、下の「いいねボタン(手のマーク)」を押してください。よろしくお願いします。