環境建設科ニュース

建設科の日常 1年工業技術基礎「セオドライトの据付・測角」

 

1年生の工業技術基礎で、現在「セオドライトの据付・測角」を行なっています。

測量には距離・角度・高さ(高低)の3要素が重要だと言われています。
セオドライはその中の「角度」を測る器械になっています。

1年生では、セオドライトの据付(測定するための準備)および、角度の測定をしています。
測量では、通常で使う度(°)をさらに細かくした、分(′)秒(")まで読み取ります。

分(')秒(")は1°=60'、さらに1'=60"そのため、1°を3600当分した値まで求め専門性を高めます。

 

セオドライト

 

据付の様子

 

測角の様子

 

講義の様子