ブログ

コンクリート排水を利用した草木染め染色


環境建設科のコンクリート実習で排出されるアルカリ廃液を有効利用して、
埼玉県で栽培されているベニバナで、アルカリ染色法を行いました。

地域で生産されている農産物等を地域で消費することで、
地産地消を考えてみました。今回は、普通に染めるのではなく、
板染め染色という手法でデザイン性のある染色をしました。

いずれは、浴衣やスカーフなどを作成したいと考えています。
ぜひ、環境サイエンス科に体験に来てください!

環境サイエンス科職員