日誌

花丸 教育実習生の研究授業を見学!

 先日の校長先生のブログにもあるとおり、現在、本校の卒業生3名が教育実習に来ており、最終週の今週は、教育実習の成果でもある「研究授業」に臨んでいます。今日は生物サイエンス科「応用農業科学Ⅰ」の研究授業の様子を見学しました。

 今回はクリーンベンチでの「無菌播種」。本校にはクラス全員が無菌操作できるクリーンベンチが整備されており、一人ひとりが自分で操作(種まき)することができます。実習生も緊張しながらも頑張って指導しています。生徒たちも久しぶりの実験でとても楽しそうです!

 今回播種したのは「ドラゴンフルーツ」。サボテン科の植物ですが、種が大きく扱いやすいうえに、発芽率もよく、発芽したときの形態の変化はとても興味深いです(サボテンも双子葉類だとよくわかります!)。教材選びもよく考えてありますね!

 そして、本日は農業クラブ主催の「農業鑑定競技県大会」がリモートで開催されました。いつもは実物を見て解答するのですが、コロナ禍のため、スライドを見ながら解答していくという手法に変更になっています。本校からも多くの生徒がエントリーして全国大会目指して頑張っています。乞うご期待です!!