日誌

レモンとシークァーサー、酸っぱいのはどっち?

柑橘系の果実にはクエン酸という物質が入っています。

環境サイエンス科の2年生はその量を調べる技術が身についています。

今回はスーパーで購入した濃縮還元レモンジュースと、シークァーサージュースの成分分析を行います。

原液では濃すぎるので、うすめてから実験を行います。

非常に繊細な実験です。10mlを寸分の狂いなくはかります。

器具も高価ですので、緊張しながら集中しています。

器具の使い方も大変うまくなってきました。

水でうすめる時にも使う器具は1本5,000円以上します。

2人1組で実験を行います。お互いの役割はちゃんとコミュニケーションしています。

ほんのりピンク色になっているのがわかりますか?

容器の振り方も非常に上手です。液がうまく混ざり合わないと結果に影響があります。

 

いかがでしたでしょうか?

クエン酸量だけでは、レモンとシークァーサーのどちらが酸っぱいかは言い切れない部分がありますので、答えはあなた自身が飲んで確かめてみてください!

 

 

ホップ・ステップ・サイエンス。

楽しくなければ化学じゃない!

 

環境サイエンス科は進学・就職どちらも強い学科です。

化学と情報をベースに幅広く学習してあなたの未来へつなげましょう!