新型コロナウイルス感染症に係る情報

2021年2月の記事一覧

新型コロナウイルス感染症に関する情報(その22)

 政府は埼玉県を含む10都府県に対する緊急事態宣言を令和3年3月7日まで延長することを決定しました。また、埼玉県教育委員会(以下「県教委」)から2月4日付けで「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいた緊急事態宣言の期間延長に伴う県立学校の対応について(通知)」が発出されました。
 つきましては、県教委の指示の下、感染防止対策を徹底しながら学校運営を継続するとともに、下記のとおりの対応を行ってまいりますので、保護者の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。 

1 感染症拡大を防ぐための特別日課について
  (時差登校と短縮40分授業の継続)

 大宮駅周辺の乗降客数等を鑑み、登下校時の過密状態を避けるための特別日課を2月8日以降も継続します。始業時刻は午前9時40分とするとともに、授業は1コマを「短縮40分」として授業時間の確保に努めます。終業時刻はこれまでと同様午後3時30分頃となります。
 なお、高校入試に伴う臨時休業等については改めて御案内します。

2 部活動の原則休止について(継続)

 1月8日付けですでに御案内している部活動の原則休止期間を緊急事態宣言に合わせて再度延長します。2月8日(月)から3月7日(日)が部活動の原則休止期間となります。 

3 飛沫感染防止対策の更なる徹底について(継続)
⑴ 健康観察の徹底(本人又は同居する家族が体調不良の際は登校しない・させない)
⑵ 手洗い・マスク着用の徹底(学校では適切な換気等を行う)
⑶ 授業等における飛沫防止の徹底(感染症対策を講じてもなお感染リスクの高い活動(合唱や調理実習等)は中止し、別の方法で実施する)
⑷ オンライン学習の活用(引き続きGoogle Classroom、スタサプを活用する)
⑸ 食事中の会話の禁止(会話は食事後にマスクを付けてから行うよう指導する) 

 万一感染したり、保健当局から濃厚接触者とされたりするような場合には、直ちに学校まで御一報ください。情報の共有こそがクラスター発生等を防ぐうえで大変重要です。

R03.2.05「緊急事態宣言の延長に伴う今後の学校運営について」.pdf

0