ブログ

2022年5月の記事一覧

「関東大会埼玉県南部支部卓球大会」「関東大会埼玉県予選会」結果

報告

4月22・23・24日(金・土・月)にかけて、関東大会埼玉県南部支部卓球大会および、5月3・4・5日(火・水・木)にかけて、関東大会埼玉県予選会が行われました。

 

  • 南部支部大会結果

男子団体 優勝

男子シングルス ベスト32  加嶋(3-2,朝霞五中)

              吉澤(3-1,芝東中)

              勝間(3-6,南浦和中)

男子ダブルス ベスト32 勝間・清野組(3-6,南浦和中・3-6,新曽中)

ベスト8 加嶋・吉澤組(3-2,朝霞五中・3-1,芝東中)

シングルスは3名、ダブルスは2組県大会へ駒を進めました。

 

エースの加嶋君が前日に足を痛め、不安のなか大会に入りましたが、なんとか県大会へ駒を進められて良かったと思います。

 

団体戦は全体的に負けてもおかしくない難しい試合を勝ち切ることができ、選手の成長をとても感じた内容でした。

2回戦栄北3-0

3回戦大宮工業3-0

4回戦川口北3-0

5回戦(準決勝)大宮3-1

6回戦(決勝)浦和3-0

 

  • 県大会結果

男子団体 ベスト8

男子シングルス 初戦敗退

男子ダブルス 加嶋・吉澤ペア、勝間・清野ペア 共にベスト64

 

シングルス・ダブルスではクジに恵まれない所もありましたが、県大会で勝ち切ることができませんでした。気持ちの部分で、弱気になったり、緊張していたりと、技術以外のところでも課題が見つかりました。

 

団体戦ではベスト4決めで、埼玉栄に敗退しベスト8でした。

2回戦深谷商業3-2

3回戦大宮3-0

4回戦埼玉栄0-3

 

インターハイ予選が6月中旬にありますが、ここで3年生は一区切りになります。

新1年生が入学し、1・2年生中心の新体制に移り変わります。1・2年生にとっては6月下旬にある国体がまず初めの勝負になります。選手が今後、大会で良い戦績が残せるよう共に頑張っていきたいと思います。

0