日誌

2019年5月の記事一覧

【環境サイエンス科】校内ものづくりコンテスト



環境サイエンス科(3年生)が、授業でものづくり(化学分析)コンテストを行いました。
テーマは、「どの水が、フランス産か、日本産かを当てる。」という内容です。

2人1組になって行います。アクティブラーニング・協調学習等の教育的手法にもつながる活動を通して、
生徒たちは真剣に取り組んでいました。
当日には、教頭先生をはじめ多数の先生方が見学に来ていただきました。

全員が、時間内に終了してリポートを提出することが出来ました。
環境サイエンス科の先輩はテイスティングしなくても、硬水か軟水かを調べる技術を持っています。



0

コンクリート排水を利用した草木染め染色


環境建設科のコンクリート実習で排出されるアルカリ廃液を有効利用して、
埼玉県で栽培されているベニバナで、アルカリ染色法を行いました。

地域で生産されている農産物等を地域で消費することで、
地産地消を考えてみました。今回は、普通に染めるのではなく、
板染め染色という手法でデザイン性のある染色をしました。

いずれは、浴衣やスカーフなどを作成したいと考えています。
ぜひ、環境サイエンス科に体験に来てください!

環境サイエンス科職員
 
0

環境サイエンス科 課題研究紹介

環境サイエンス科の課題研究では、石けんづくりを行っています。少し変わった
光る石けんを作ってみました。光る
宝石アイスキャンデーのように見えませんか。
皆さんもサイエンスの面白さを体験しに来てみませんか。
(面白くなければ環境サイエンス科じゃない。楽しくなければいずみじゃない!)
(学校説明会に来てください!!)
環境サイエンス科 職員
01 02
03 04
0