日誌

2019年7月の記事一覧

あなたもパズルのピースになれる!(課題研究)

    


 環境サイエンス科では、「環境」というテーマで協調学習の手法(知識構成型ジグゾー法)を活用して様々な課題研究を行っています。知識構成型ジグソー法とは東京大学CoREFが独自に開発した学習法で、埼玉県教育委員会が取り組むアクティブ・ラーニングのひとつであり、生徒それぞれがパズルのピースのように役割をもち、最後は全体でひとつの目標へ到達するという方法です。

 

今年の課題研究のテーマは!?

 ・LEDを利用したスタンド製作  ・天然化学色素を使用した革細工製作
  LED      革

 ・手つくりの消しゴム製作     ・廃油を利用した再生可能エネルギーの製作
  消しゴム      キャンドル

 ・植物から抽出した香料の製作

 ・七宝焼き製作

 ・廃油から石けん製作

 ・ライントレースの製作

 

など幅広い分野です。テーマごとに班に分かれて実験・製作に取り組んでいます。

最終的には「環境」という大きなテーマを一つにまとめていきたいと考えています。

秋の文化祭に発表します!

 

探究学習に取り組む、ちょっとアカデミックな環境サイエンス科を見に来ませんか。

あなたも大切なパズルのワンピースです。

0